群馬だってすごいんだぞ

33歳の主婦が群馬県をぶらぶらしながら、群馬の魅力あるスポットを紹介していくブログです。気軽に見ていってくださいね。

上州牛のローストビーフ丼が堪能できるカフェ「和cafe麦」に行ってきました

今回は「和cafe麦」に行ってきました。

いつもお昼ぐらいにこのお店の前を通ると、車がいっぱい止まっているので気になっていました。


f:id:parun:20171009084738j:image

なんだか和モダンな店がまえですね。

入ってすぐのところに下駄箱があり、靴を脱いで入りました。

さらに扉を開けると黒を基調とした和テイストのおしゃれな空間が広がっていました。

ステキ!!

 

 

 

メニューも豊富で何にしようか迷いましたが、1日20食限定の上州牛のローストビーフ丼とスタッフオススメのべーコンとほうれん草のパングラタンをチョイス。

先にやってきたのはローストビーフ丼です。

ローストビーフの鮮やかな赤色とどっかりと乗ってる黄身がなんともおいしそうです。
f:id:parun:20171009084818j:image

さて、いただきます!

肉が分厚いです。

ローストビーフがやわらかーい!

優しい味付けのたれが柔らかめのごはんとよく合います。

卵を混ぜるとよりまろやかになりました。

 

 

 

黙々と食べていると次にパングラタンがやってきました。
f:id:parun:20171009084942j:image
ゴルゴンゾーラの風味が口中に広がります。

ゴルゴンゾーラ好きの人にはたまらないんじゃないかというくらい堪能できますね。

そして、しっとりとしたパンにホワイトソースがしみていて、ジュワッとうまみが広がります。

 

 

 

デザートも何にしようか迷いましたが、10月までの期間限定ハロウィーンチョコベーグルにしました。
f:id:parun:20171009085059j:image


黄色にプリントされた絵がかわいい!

ベーグルの上に乗っかっているチョコは、普通のチョコとホワイトチョコと選べたのですが、私はホワイトチョコが苦手なので普通のチョコにしました。

しっかりもっちりとしたベーグルにチョコレートの甘みが合わさって口の中が幸せになりました。

横に添えてあったおばけのクッキーもおいしかったです。

 

どのメニューもおいしそうで、まだ食べれていないものも試してみたいと思いました。

ディナーもどんなメニューになっているのか気になります。

また来たいな。

 

店名:和cafe麦
住所:群馬県高崎市菅谷町1031-1
営業時間:11:00~22:00(L.O.21:00)日曜営業

 

ふっくらオムライスとシュッキーなるお菓子を食べました

毎回車で前を通るたびに卵型をしたオブジェが置いてあるのが気になっていたお店があります。

雑貨屋さんかな?養鶏場の事務所か何かかな?

 

f:id:parun:20170912124509j:plain

ネットで事前調査してみたら、自家製のお菓子や卵を売っているお店のよう。

しかも、その卵をふんだんに使ったオムライスが食べられるレストランがあることが分かりました。

ということで、今回はショップ「モアザン」の中にあるレストラン「ぷくぷく」に行ってきた話をしようと思います。

 

中に入ると、右手にお土産屋と持ち帰り用スイーツのショーケースがありました。

左手のドアの奥がレストランになっているみたいです。

ちょっとわからず立ち止まっていると、スタッフさんが案内してくれました。

 

卵が美味しいということで、やっぱりオムライスかなと思い、アラビアータソースのオムライスとチーズオムライスを頼みました。

f:id:parun:20170912124556j:plain

待っている間に「サービスです」とつめたいゆで卵をいただきました。

ありがたい。食べてみると中が半熟でちょうど良いあんばい。

ゆで卵を食べている間に、オムライスがやってきました!

 

 

 

f:id:parun:20170912124801j:plain

アラビアータソースのオムライスです。

お米は雑穀米のようで色がついてました。身体に良さそう。

では、さっそくいただきます!!

卵がふわとろでなめらか~。

アラビアータソースいがいと辛さ控えめ。辛いのが苦手な人でもいけちゃいます。

 

 

 

f:id:parun:20170912124858j:plain

次は、チーズオムライスです。

別に添えてあったオーロラソースをかけて、いただきます。

 チーズのこんがり香ばしい香りが口いっぱいに広がります。

 

 

f:id:parun:20170912124953j:plain

さらに「先着10名にケーキを差し上げてます」と、またまたケーキをサービスでいただいちゃいました。

早い時間に入ってよかったぁ。

いただいたのはコーヒーゼリーとプリンです。

コーヒーは苦味が強めで大人の味。コーヒーらしさが出てました。

プリンはかための生地でさっぱり、甘さ控えめでした。どちらも美味しかったです。

 

帰り際におみやげコーナーで中之条シュッキーというお菓子を買って帰りました。

エクレアが生地だけになったような焼き菓子のようです。

こちらも、家に帰るまで待ちきれず車の中で食べましたが、程よい甘さと軽い食感が良いお菓子でした。

やみつきになりそう。

 

また行きたいなって、思える程どれも美味しかったです。

シュッキーが欲しくなったら買いに来たいと思いました。

ケーキのプレゼントを狙うなら早めの来店がおすすめです。

 

店名:モアザン 地産地消カフェ ぷくぷく (【旧店名】オムオムカフェ)

住所:群馬県吾妻郡中之条町伊勢町148-1

営業時間:
レストラン 11:00~17:00(L.O16:00)
直売(ケーキや卵の販売) 10:00~18:00
日曜営業

ホームページ:http://www.morethan2005.com/

 

こんにゃくを食べつくせ!こんにゃくパークで見学やらバイキングやらを体験

この夏、私はバテないようにとステーキやらスイーツやら高カロリーなものばかり食べていました。

このままではいけないと思い今回はどこに行こう?と悩みました。

結果、こんにゃくならたくさん食べても大丈夫!と甘楽町にある「こんにゃくパーク」へ行くことに決定!!

こんにゃくパークは、こんにゃくの製造工場を見学できる他に、こんにゃくゼリーの手作り体験ができたり、こんにゃくを使った商品が無料で食べられるバイキングができたりとこんにゃくづくしの施設です。

f:id:parun:20170904140809j:plain

中に入る前に外には、かき氷やウインナーなどを売っている出店や広々とした足湯コーナー、道の駅のような地元産の野菜やお菓子などがある売店にコンビニと充実したスペースがありました。

もちろんベンチやテーブルもたくさんあって、ゆったりとくつろげるようになっています。これはありがたい。

f:id:parun:20170904140841j:plain

さっそく入ろうとすると、こんにゃくパークのマスコットキャラクター「マナン」ちゃんがお出迎えしてくれました。

かわいい!

マナンちゃんはひととおり仕事を終えたようで、いったん帰るもよう。

ところが耳が突っかかってなかなか帰れない。

f:id:parun:20170904140900j:plain

「うぅ、耳がすれて痛いよう・・・」

中の人が耳の高さまで把握できていないのか、なかなか帰れない様子でした。

そうか、なかのひとなどいないんだった。失礼。

 

 

 

さて、受け付けを済ませてまずは工場見学をしました。

私が見たときにはしらたきの製造ラインのみ動いていたようで、その様子をじっくり見ることができました。

しらたきって手でひとつずつ丁寧に巻いてるんですね。機械でやってるのかと思ってました。

f:id:parun:20170904140940j:plain

デザートの製造ラインもあったのですが、その日は動いてませんでした。残念。 

 

 

工場見学をしたあと、お目当ての無料バイキングへ。

すると、かなりの行列になっていました。開店から30分後ぐらいに入ったのにもうこの行列!すごいですね。

f:id:parun:20170904141023j:plain

 

f:id:parun:20170904151032j:plain

私が選んだのは、左上から右にそうめん、ナポリタン、田楽、カレー、唐揚げと刺身こんにゃく、ラーメンです。

中でも良かったのは、田楽と唐揚げです。田楽はこんにゃくそのままの美味しさを楽しめるのと味噌がおいしかったので、気に入りました。唐揚げはこんにゃくとは思えないジューシーさがもうたまりません。唐揚げを食べたつもりになれます。

こんなに食べても低カロリーですから。もう、がまんなんてしなくでいいですよね。

 

 

 

最後に外のアイスのお店で売っていた、豆乳とこんにゃくのソフトクリームを食べました。

f:id:parun:20170904141050j:plain

最近アイスばっかり食べている気がします。これはカロリー的にギリアウトかもしれませんが、せっかくの休日なので食べちゃいました。

 

見て、食べて、買ってとさまざまな楽しみがある、こんにゃくパーク。

こんにゃくばっかりたべたのでお腹の膨れ具合はそこそこでしたけど、レジャー施設としてはとても満足できました。

ダイエット中だったり健康に気をつけている人にはオススメのカロリーゼロ商品がいっぱい売ってるので、気になったらぜひ行ってみてくださいね。

 

こんにゃくパーク公式HP

http://konnyaku-park.com/factory.html

 

ドールランドみなかみでぶどう狩りとなし狩りをしてきたよ

今回は「ドールランドみなかみ」に行ってきました。

まだ夏ですが、もうぶどう狩りが開催されているとのこと。気が早いけどさっそくぶどう狩りしてみようと思い立ちました。

案内の看板がやや小さく分かりづらいところにありましたが、何とかたどり着けました。

 

f:id:parun:20170827163559j:plain

駐車場に車を止めて建物のほうを見ると、でかでかと大きくDoleとあのロゴの看板が!

この建物の中には手前にお土産屋さんと果物狩りの受け付け窓口、その奥にジェラートの販売カウンター、更に奥にバーベーキューができるガーデンレストランがありました。

まず、受け付けを済ませます。今回はぶどう狩りとバーベキュー、ジェラートがまとめて楽しめるドールランドセットを選びました。

ではさっそくぶどう狩りにいってみようっと。

f:id:parun:20170827163705j:plain

今年は豊作のようでビニールハウスの中にはいっぱいぶどうがなっていました。

ぶどう狩りを始める前にスタッフさんに、試食をもらいます。

今狩れるのは、「藤稔(ふじみのり)」「安芸クイーン」という品種のぶどうらしいです。その2つのぶどうの試食をいただきます!

藤稔はジューシーで酸味がやや強い感じがしました。ぶどうらしいぶどうですね。

安芸クイーンはやわらかく酸味が少なくて食べやすく思えました。個人的にはこっちが好みかな。皮ごと食べられるようです。

f:id:parun:20170827163806j:plain

さっそくぶどう狩りを開始です。

やっぱり色が濃くて大粒のものが食べごろだとスタッフさんが教えてくれました。

どれも大粒で迷いましたが、結局ハウスの入口付近にあったぶどうがいちばん大きいと思い、チョキンと切りました。

 

f:id:parun:20170827163846j:plain

選んだのはやっぱり安芸クイーンです。藤稔のほうが人気らしいですが、わたしはこっちにしました。

 

 

ブドウだけでなくなしも狩ってみたくなったので、なしの果樹園に移動です。

狩りの予約をしなくても、単体で量り売りしているらしいので行ってみたら狩っても良いことになり、さっそく品定め。

f:id:parun:20170827174705j:plain

こちらもたくさんなっていました。

試食でいただいた品種が、「愛甘水」と「筑水」です。

どちらも、普通のなしに比べ小ぶりですが、甘みもありみずみずしくてこれもありだなって思いました。

 

 

 

果物狩りを終え、お腹が空いてきたのでバーベキューにうつります。

キャベツにニンジン、かぼちゃ、玉ねぎ、とうもろこし、和豚もちぶた、ウインナーとありました。ライスもみなかみ産のお米を使っているらしく、普通のものとは違うなと思いました。

バナナもついていて「焼いて食べてみてください」とスタッフさんに言われたので焼いて食べてみました。

f:id:parun:20170827165011j:plain

 初体験!すっごくやわらかく甘くなって不思議な感覚。わたしは生でいいかなと思って周りの人たちを見るとみんな生で食べてました。やっぱり。

 

 

 

 

あと、最後にジェラートが残ってました!

頼んだのは本日限定だったピーチミルクとぶどうです。

f:id:parun:20170827165107j:plain

さすが果樹園で作られたジェラートだけあって、両方ジューシーでおいしかったです。ピーチミルクは果肉が入っている豪華っぷり。満足しました。

 

 

早めの10時頃に行ったせいか、人も少なくスムーズに果物狩りもできました。ですが、バーベキューをする頃には団体客も増え混み混みに。

ちょうど入ったのがタイミング良かったんだなぁ。ストレスなく果物狩りをするなら午前中がおすすめです。

果物狩りだけでなくバーベキューや食後のジェラートも楽しめて幸せでした!

季節ごとに旬の果物が狩ることができるので、また季節が変わったら行ってみたいと思いました。

桐生にあるオススメのジェラート屋さんとケーキ屋さん

イタリアンジェラートが堪能できるアイスクリーム専門店「ミラノ」にいってきました。桐生では有名なジェラート屋さんのようで、私もその評判を嗅ぎつけました。

 

f:id:parun:20170821154836j:plain

店内に入ってすぐのところにショーケースがあってそこには10種類以上のジェラートが!

 

横に少し食べていけるカウンターターブルと椅子などがありましたが、そのときは人がいっぱいだったので外で食べることにしました。

外にはすぐ横に線路がひかれていて、ちょうどトロッコ列車が通っていくところでした。

わたらせ渓谷線トロッコ列車だったようです。眺めがいいようむき出しになっている車両からおじさんが手を振っていたので振り返しました。

なんか、こっちも観光している気分に。

おじさんたちはきっとこの先へ行って足尾銅山に向かうんだろうな。

そうこうしているうちにジェラートが溶けてきました!早く食べないと。

 

 

f:id:parun:20170821154900j:plain

まずは、ホワイトバニラとティラミスのダブルをいただきます。

ホワイトバニラはオススメなだけあって美味。

甘さ控えめで、卵を一切使っていないからかあっさりとしていて、ミルク本来の風味が強かったです。

何個でもスルッといけちゃうくらい口当たりがよいです。

ティラミスの方はコーヒーのほろ苦さがまたたまらない。

チーズの甘味とコーヒーのほろ苦さが混ざり合って濃厚な味わいが楽しめます。

 

f:id:parun:20170821154922j:plain

 もうひとつ、ピスタチオも頼んでみました。

ピスタチオの砕いた粒が入っているせいか、ピスタチオの風味が強くてこれもまた美味しかったです。

コーンですが、とっても甘くて分厚めで食べごたえがありました。

こんなに美味しかったので他の種類のジェラートも気になりました。

枝豆のジェラートもあってピスタチオとどちらを頼むか迷ったり、ドラゴンフルーツもあってそっちも悩んだり。

もう、また今度来るしかない!と思うばかりでした。

 

 

ミラノを後にしてランチを済ませた時、なんかスイーツ買って帰りたいなぁと思い立ちました。

ネットで評判の桐生にあるケーキ屋さんを探してみると「MIYAKE」を発見。

渡良瀬川沿いにあるケーキ屋さんです。

外観もとってもかわいらしくておしゃれだったんですけど、花より団子で真っ先に店内に入ってしまった結果、外観の写真を撮り忘れてしまいました!失敗。

今回は夏らしくカップに入ったジェリーやカップケーキを選びました。

さっそく帰って食べてみよう!ワクワク!!

 

 

f:id:parun:20170821154958j:plain

ちゃんとした名前は忘れてしまったけど、左からマンゴーのカップケーキとプレミアムジュレとコーヒーゼリーです。

どれも甘さ控えめで、とくにプレミアムジュレは酸味のきいたフルーツとフルーツの味を邪魔しない味のジュレがさっぱり感を出していて夏らしいスイーツでした。


f:id:parun:20170821171126j:image

あと、ピスタチオのタルト!

中に入っているピスタチオのスポンジが濃厚でたまらなかったです。これも周りのムースの部分がさっぱりしていて食べやすいタルトでした。

特にタルトの生地が香ばしくておいしかった。もしかして、タルトが美味しいってことは、ここで売ってる焼き菓子もおいしいんじゃないかと思えてきました。

また今度、桐生に行った時にチャレンジしてみます。

ぶらりと草津温泉でほっこり癒やされてきました

群馬といえば・・・っていうくらい有名な(はず、たぶん)「草津温泉」に行ってきました。

ちなみに温泉にははいらず、ぷら~っと雰囲気を楽しんだだけです。が、十分満足できましたので報告です。

f:id:parun:20170724164156j:plain

 

遅めのランチとせめて足湯だけでも楽しもうと、旅館「草庵」の1階にあるカフェをめざしました。大きな湯畑のある温泉街の中心にあります。

f:id:parun:20170724164625j:plain

中に入ると吹き抜けになっているようなスペースに足湯が。その左手に軽食を食べるためのテーブルが数台並んでいました。

とりあえず、温玉カレーと足湯に入る用のドリンクをたのみました。

 

 

f:id:parun:20170724164900j:plain

カレーもよかったですけど、 上に乗っかっている温玉がとろけて濃厚でおいしい。

さすが温泉街ですね。

 

カレーをもくもくと食べ、お目当ての足湯へ。

ここではドリンクを飲みながら足湯にゆったりつかれるのがいいですね。

f:id:parun:20170724164737j:plain

 

 

 

足湯でリラックスした後、温泉街から少し歩いて「西の河原公園」に行ってみました。

道中、異様に湯の花まんじゅうの試食を勧めてくるおじいさんとおばあさんがいつもいるのですが、そこはうまくかわしてスルーしました。

べつに無理やり買わされるわけじゃないんですけど、そのパワフルな押しっぷりにはいつも驚かされます。ちょっとネット上でも有名らしいです。

f:id:parun:20170724165042j:plain

 西の河原公園につきました。

公園のいたるところから温泉が湧き出しています。

f:id:parun:20170724165228j:plain

滝のように湧き出ているところもあり、迫力満点でした。

一見の価値ありですね。

座って足湯ができるところもあるのでそこでも、浸かってきました。

やっぱり草津の温泉は、すごい疲れがとれるしお肌がツルツルになるような気がする。

 

 

帰り道、例の湯の花まんじゅうのおじいちゃんに「おねえさんまだ食べてないよねー」と声をかけられるも「大丈夫です」とスルー

いっぱい人が通ってるというのに覚えててくれたんだ、さすが。

でも、ごめんなさいおじいちゃんお腹がいっぱいで食べられないの。湯の花まんじゅうは清芳亭って決めてるの。

冷たくしてごめんなさい。

parun.hatenablog.com

 

そんなこんなで草津温泉は温泉に入らなくても十分楽しめるところです。

とはいえ、メインは温泉なので一度は全国のみなさんに入りにきてほしいと思うばかりでした。温泉街も見てるだけで楽しいですよ。

 

プリン専門店でプリンをいっぱい食べました

軽井沢にあるプリン専門店「スイーツランベルセ」に行ってきました。

テイクアウトのプリンが有名ですが、店内でもプリンのスイーツが食べられるということで食べに来ました。

 

f:id:parun:20170724165412j:plain

 軽井沢というだけあって、涼しかったですしなんといってもこの林の中にあるお店の雰囲気がステキです。

中に入ると正面にテイクアウト用のプリンがずらっと並んだショーケースがありました。更に進むとこじんまりとした食事用のテーブルが4、5台あって、そこに案内されました。

 

私がオーダーしたのは、3種類のプリンスイーツが食べられるプレートとブリュレパフェです。

 

 

f:id:parun:20170724165517j:plain

先にプレートがきました。

かわいい!!

まず、プリンが挟まったシュークリームからいただきます。小さいので一口で食べちゃいました。クリームがやさしくてよいですね。

王道のプリンはどうでしょうか。程よい硬さで卵が少し多めかなと感じる味でした。昔ながらのプリンて感じです。

そしてブリュレされてるこれはなんだろう、と思って食べてみたら、プリンのアイスでした!!新しい触感です。

 

f:id:parun:20170724165919j:plain

 さて、お目当てのブリュレパフェです。

いただきます!

そうとうあまーいのかと思ったら、意外と控えめでした。

まず感じたのがブリュレの部分がサクサク香ばしくておいしい。そのあと、食べ進めるとしっとりしたシフォンスポンジとクッキーがでてきました。スポンジもおいしいですね。

シフォンケーキも頼めばよかったかなとちょっと後悔しました。

そして、さらに奥にはプレートで食べたプリンのアイスが入っていました。

もう、プリンづくしですね。

 

もちろん、まだ食べきれてないテイクアウトの方のプリンも買って帰りました。生クリームプリンとエスプレッソプリン、モンブランプリンをチョイス。

生クリームプリンを食べると、しっとりなめらか。最近のプリンはこっちの生クリームタイプが多いんだなと気が付きました。

ネット販売も行っているので、ぜひこの機会に食べてみてはいかがでしょうか。

store.shopping.yahoo.co.jp